■STORM
RN: Ororo Munroe (オロロ・モンロー)
CN: Storm (ストーム)

■ミュータント能力
小範囲の天候を操る
■所属
X-MEN
■解説
 黒い肌に白髪をもつアフリカ系で、能力を使うときは眼も白くなる。 モロッコから不法入国し車上荒らしなどをして暮らす不良少女だったが、 マーヴル・ガールにスカウトされて エグゼビア学園に入り、X-MENに入隊した。以前は感情のみに左右されていた能力も 学園で訓練を積んでからはコントロールができるようになり、風を操って飛行したり 特定地点に落雷させたりすることができるようになった。しかしながら短気な性格 であり、彼女が怒っているときはエグゼビア学園の上には黒い雲がかかっている。 (2005.12.22)
■リンク: 「WORDS X」

略歴
■THE TOMORROW PEOPLE  (#1-6)
(初登場)
最初は不良少女でした  テキサスで車上荒らしをして逮捕・拘留されていたが マーヴルガールによって連れ出されX-MENに入った。実はこれより以前にブラザーフッド の勧誘にもあったことがあるが人間を下僕にすることに興味はない、と言って断ったらしい。 最初は能力が不安定であったが、ウルヴァリン 救出作戦時には風を操り、大統領嬢救出作戦では雪を降らせるなど制御が可能になった。 ビーストが瓦礫の下敷きになってるのを最初に発見し、 その後コロッサスと共にビーストを何とか守ろうと した。この時ストームは泣きながら怒りエグゼビア の悪口を言ったりしていてよく性格が出ていた。その後のホワイトハウス訪問時は ボビー同様、わくわくした様子だった。続くワシントンDC での攻防では狙った通りに落雷させ、センチネル を次々と破壊した。
 現代風の女性として描かれており、もと不良ということで正史のような 姉貴っぽさがない。しかし、ブラザーフッドの誘いを断ったことから判断するに 正義感は結構強そうだ。(2006.1.15)
■RETURN TO WEAPON X  (#7-12)
 ビーストと付き合うようになった。不良少女だった ストームにとって知的でウィットに富んだビーストと付き合うのは楽しい様子。また、 プロフェッサーの訓練により風を使った飛行がある程度できるようになった。
 ウェポンX兵士による学園強襲の際はビーストと部屋に居たところを狙われ、 セイバートゥースに棒で殴られダウン。ウェポンX 施設内では一人の檻だったが、そこへ姿を変えられたビーストが放り込まれ、ストームは 言葉を失う。「. . . . . ! 」 ミュータントの叛乱時は落雷によってS.H.I.E.L.D.兵士を次々攻撃。 終盤、マーヴル・ガールの呼びかけで他のX-MEN は戦闘をやめるが、ストームだけはラス大佐を許すことができない。 「奴らけだものがヘンリー(ビースト)にしたことを忘れたの、サイクロプス?」 というストームに対しサイクは「いや忘れてない。しかしこれ以上兵隊を殺しても ビーストがもと通り人間の姿になるわけじゃないんだぞ。」と口走ってしまう。 この言葉でストームはぶち切れ、ラス大佐の乗るヘリに雷を落とした。 ナイトクローラーがラスを助け出しことで殺人をせずに済んだストームなのであった。
 サイクの言葉「人間の姿」に反応して、歯を食いしばり目に涙を溜めるシーン がよかったです。っつーかサイク、大失態。(2006.2.6)
■YOU ALWAYS REMENBER YOUR FIRST LOVE  (#13-14)
 プロフェッサーと共に ガンビットの勧誘に来たが断られた。(2006.2.17)
■WORLD TOUR  (#15-20)
 日常描写では、相変わらずビーストとは仲良し。またもともと正規教育を受けていない が、ビーストともに様々な科目の講義を積極的にとっている模様。 また教授の悪口も健在。 ストーム「そんな他人みたな喋り方するのはやめて。」
 デイヴィッド・エグゼビアとの最終対決 では、ビーストがやられている時怖気づいて 動けないアイスマンを払いのけてデイヴィッド に攻撃するも効かず、逆に捕らえられ首を絞められ殺されかけた。
 事件解決後、自分に対する態度が豹変してしまったビーストと会話しようと するがビーストはそっけないまま。「愛してる」と言ってもビーストは警戒を解かない。 数週間前は結婚も考えていた二人だったが、この後別れることになった。
 ストームは今回、めずらしく戦闘で全く活躍しませんでした。ビーストとの 別れは切ないです。(2006.2.22)
■HELLFIRE & BRIMSTONE  (#21-25)
「バービー人形みたいな気分だわ。こんなにドレスアップする必要があったんですか、教授?」  ビーストと別れた。その後もビーストと仲良く しようとしているが、ビーストはメル友に夢中の模様。
  プロフェッサーXマーヴル・ガールコロッサスと共にドレスアップして ヘルファイア・クラブのパーティーに 出席。ヘルファイア・クラブの突然の襲撃では不意を付かれ倒れた。
 ストームにしては珍しく特に活躍はありませんでした。(2006.3.10)
■ULTIMATE WAR  (Ultimate War #1-4)
ビースト「こんな大切な物を買い忘れたってのかい? 君はいったいに何やってるんだ?」  X-MENが人目を避けて隠れ家で暮らしている最中、ストームが 買出しをして隠れ家に帰ってきた際、ビーストに 頼まれた物を買ってこなかったことでビーストは怒り、あやまっても口調をゆるめない ビーストに対しストームもきつい言葉を返す。
 ウルヴァリン キティがサヴェッジランドから帰ってきて「 サイクロプスが死んだと言った後、端からその言葉を疑っており、 「ウルヴァリンがサイクロプスを殺したのではないか」と考え、そのことを コロッサスとも話していた。
 アルティメッツによるX-MEN襲撃 の際は、プロフェッサーXマーヴル・ガールが倒れた中、リーダーシップ を発揮し他のX-MENに指示を出し、ストーム自身は落雷により兵士達をX-MENから 遠ざけ、退路を作ろうとした。その後挑んできたソー と戦った。最後、プロフェッサーXの活躍による隙をみて他のX-MENと共に逃げた。
 前回まで、別れた後もビーストに想いを寄せている雰囲気だったストームでしたが 今回はささいなことで喧嘩。逃亡生活でイライラしているようです。 アルティメッツ襲撃時はリーダー的な発言をしてました。同じ状況で『World Tour』編 ではビーストがリーダーシップを発揮していましたが今回はストームを頼ってました。 ビーストもいろいろ経験して考えるところがあったのかな。
 雷神ソーとの戦いは互角だったようです。ストーム強し。 (2006.3.27)
■RETURN OF THE KING  (#26-33)
 X-MENがマグニートーの仲間でないことを示すため、ブラザーフッドのテロリストたちを ウルヴァリンアイスマンコロッサスと共に退治していた。その際、ビル火災鎮火のため 雨雲を2区画だけに集中させるという能力制御を身につけていた。
 ブラザーフッドの要塞へ行く途中のブラックバード。ウィングの上に座っている ハンク・マッコイを見つけたストームは彼の隣に座った。プロフェッサーXのマインドコントロール を受けていないはずであるこの状況下でハンクはストームにまだ愛があるのかを尋ね、ストームは答えた。 「ずっと想ってた。」 「お義父さん、お義母さんと呼ばせてください!」
 マグニートーとの最終戦では、油断していたマグニートーを雷で攻撃するが、逆に反撃に遭った。 X-MEN全員がピンチの中、コロッサスのボディーブローを合図に始まったマグニートーへの連続攻撃では 最後に突風で吹き飛ばし、柱へぶつけた。
 事件解決後にエグゼビア学園で開かれたペアレンツ・デーのパーティーでは、ハンクに 両親を紹介され感激して飛びついた。
 今回もストームはストーリーの本筋にはあまり口を出さずじまい。しかしビーストと仲直りした のでよかったです。
■BLOCK BUSTER
 ウルヴァリン救出やターラ のアジトへの急襲作戦に参加。特に見せ場はなし。(2006.10.18)
■NEW MUTANTS  (#40-45)
「出掛けることも知らなかったからどこに行ったのかも知らないわ。」  エグゼビア学園を飛び出してしまったエンジェルを呼び戻すため プロフェッサーXによって派遣された。塞ぎこんでいるエンジェルに対し、 ストームは自分の価値観や身の上話を交えて説得し、彼を学園へ呼び戻すことに成功した。その後、学園の 庭でハンクからのアドバイスをもとに修行していた手のひらサイズの雷雲生成 が成功し、歓喜してハンクへ報告しようとしたところ、彼は姿を消しており、ストームは怒りと悲しみの感情に 包まれた。それと共にエグゼビア学園全体も重苦しい雲に包まれた。ハンクの行方は学園を尋ねてきた ニック・フューリーの口から初めて聞くことになった。 「ヘンリー? ヘンリー?」
 大統領によるニュー・ミュータンツ 結成の演説の際は、センチネルの攻撃を受けて倒れたハンク・マッコイ の姿に驚愕し、真っ先に彼のそばへ向かった。ハンクの死を悟り涙を流したストームは次の瞬間怒りを爆発させた。 「NOOOOOOOO!!!!!!」 渦巻くどす黒い雲の竜巻でセンチネルを捕らえ、周囲をかえりみずに破壊しつくそうとするストーム。暴走により 市民に被害が及ぶのを避けるため、プロフェッサーはストームを眠らせた。
 事件後、ハンク・マッコイの葬儀がエグゼビア学園で行われた。終始ストームの涙が止まることはなかった。
 ビーストの死はストームにとっても一つの転機です。次回ではいきなりイメチェンだし。また、今回の エンジェルとの対話でストームのミュータント観や、ポエムや戯曲を書いていることが判明。(2007.7.29)
■TEMPEST
 
■CRY WOLF
 
■THE MOST DANGEROUS GAME
 
■HARD LESSONS
 
■SHOCK AND AWE
 
■ULTIMATE SACRIFICE
 

△HOME  ▲BACK













X-Men names TM and Copyright © 2006 Marvel Characters, Inc. All Rights Reserved.
All contents and all other images copyright © 2006 ice-water.



























































広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー