■CYCLOPS
RN: Scott Summers (スコット・サマーズ)
CN: Cyclops (サイクロプス)

■ミュータント能力
両目から放たれる破壊光線=オプティック・ブラスト
■所属
X-MENBROTHERHOOD → X-MEN
■解説
 X-MENのリーダー。学業の成績がたいしてよいわけではないが、 基本的に真面目でかたく、強いリーダーシップを発揮する。孤児である スコットは、温かく迎え入れてくれたエグゼビア を父のようにしたい、その理想もよく理解している(と自分では思っている)。 ちなみにもミュータント。 能力:オプティック・ブラストは強大な破壊力を持つが、自ら制御することができず 眼を開けているかぎり出つづける。ゆえに、常時、ルビークオーツ製の特製バイザー もしくはサングラスを着用しなくてはならない。能力を得た彼は、もはや裸眼では見る もの全てを焼き尽くし、何ものも、愛する人もサングラス越しにしか見ることが 出来ない。 (←この設定が好きです。ice-waterが最もお気に入りのキャラ。) (2005.12.22)
■リンク: 「WORDS X」

略歴
■THE TOMORROW PEOPLE  (#1-6)
(初登場)
大統領嬢「あなたちは誰?」 サイク「正義の味方さ!」  センチネルのタイムズスクウェア襲撃の際には 結成間もないX-MENを率いて勇敢に戦いボビー・ドレイク 救出に成功した。その後のウルヴァリン救出作戦 と続く大統領の娘救出作戦でもリーダーとして頑張った。 しかし戦いでビーストが瀕死の重傷を負ってしまった ことで自らに大きな責任を感じ思い悩んだ。プロフェッサーに言われるままに闘って いくことが本当に幸せにつながるのか?マグニートー が言うように、敵は差別なのになぜミュータント同士が血を流さなければならないのか? さらに思いを寄せていた マーヴルガールがウルヴァリンとキスするのを 目撃し学園を去る決意をした。
「マグニートー、もう僕は人殺しの手伝いはしない。」  学園を後にしたサイクが向かった先はサヴェッジ・ランドだった。サイクの考えた末の 決断だった。マグニートーや他のサヴェッジランドのミュータントたちに迎えられた サイクロプス。すぐにブラザーフッドの メンバーと共にビッグベン爆破テロに参加するが、無実の人の命をも奪うブラザーフッド のやり方に共感することはできず怒りと悲しみを覚えた。そしてマグニートーと語り 「もう僕は人殺しの手伝いはしない」と告げた。その日、米政府のセンチネルによる サヴェッジランド攻撃が行われ、怒ったマグニートーはセンチネルのプログラムを書き換え ワシントンDC攻撃へ向かった。「エグゼビアが恐れていた戦争が始まる....」 この時サイクは再びプロフェッサーの理想のために闘う道を選んだ。プロフェッサーに マグニートーがワシントンDCへ向かっていることを告げ、自らもブラックバードで 向かおうとするが、「ブラックバードのスピードじゃ間に合わない。当然の過程を 受け入れるんだ」とクイックシルバーに止められた。 これに対しサイクは「そうかもしれない。だがお前なら間に合う。今こそ父親の過ちを 止める刻じゃないのか!」といってクイックシルバーを説得。 「お前の脚なら間に合う!今こそ父親を止める一生に一度のチャンスなんじゃないか!?」
 マグニートーが倒された頃、サイクはX-MENに合流。事件解決後再び学園の生徒として 迎えられた。
 プロフェッサーに信頼に応えようと張り切ってリーダーを務めているところが ナイス。きっと『TOMORROW〜』の主人公はこいつです。実は18歳。私自身この本読んだ 時18歳だったんですがね、サイクのおっさん的落ち着きぶりと筋肉にあこがれました。 (2006.1.14)
■RETURN TO WEAPON X  (#7-12)
 コロッサスストーム と共に来日。日本のテレビ番組にも出演した。撮影中はコロッサスにしゃべらせておいて 自分はふんぞり返って腕組して偉そうにしていた。(さすがサイク)
 帰国してからウルヴァリンと共に、 ピーターの前の雇い主であるマフィアの隠れ家へ 押し入り、マフィアのボスにピーターにかまわないよう脅した。
 ウェポンXによる学園襲撃の際はジーンプロフェッサーと共に食事をとっていて、 他の二人が真っ先にやられた後もオプティックブラストで敵に対抗した。しかし 瞬間移動能力を持つナイトクローラーが 背後に出現、バイザーを奪われ油断したところを殴られてダウン。連行された。
 ウェポンX施設では、ナイトクローラー、ジーンと同じ檻。皆に自分が 既に3つの脱出プランを考えたことを得意げに話すが、 ジャガノートの挑発を受けて怒りをあらわにする。
 ラス大佐指揮によるインドの兵器研究所襲撃に参加。 ナイトクローラーと共に、巨大な怪物の阻止に成功。一緒に来ていたマーヴルガール、 ストームと合流後、マーヴルガールが研究者の暗殺命令を受け、ラス大佐はサイクを 人質に捕った。サイクは頭の中に埋め込まれた装置を操作され、痛みにもがき苦しむ が、マーヴルガールに「ラスに屈するな!」と叫ぶ。が結局マーヴルガールは暗殺 を実行し、サイクは無事だった。ウェポンX帰還後、ジーンを抱きしめて慰めるサイク。 「これ以上S.H.I.E.L.D.の兵士を殺してもビーストは人間の姿に戻らないんだ。」
 ウェポンX叛乱の際は、ブラザーフッドと協力して S.H.I.E.L.D.に立ち向かった。この時全体の指揮は クイックシルバーが執っていた。建物を崩そうと するコロッサスをマーヴルガールが止めたとき、サイクは彼女に対して「何でだ!」 と言うが、マーヴルガールが涙を流しながらプロフェッサーの教えを語ったことで、 我に返った。マーヴルガールに賛同し、ブラザーフッドに対しても殺さないよう言う。 しかし、ストームは愛するビーストをひどい目に遭わせたラス大佐に対し怒りを抑え 切れない。さらにサイクの「これ以上S.H.I.E.L.D.の兵士を殺しても彼(=ビースト)が もと通り人間の姿には戻らないんだ。」と言ったことでストームはぶち切れ、 ラスのヘリめがけて雷を落とした。...サイク大失態。
 今回のサイクもリーダーぶろうとして頑張ってましたが、ウェポンXでは 今までうけたことのない仕打ちに我を忘れて怒りまくり。でもこんどの事件で ジーンとの関係が少し進んだ模様。(2006.1.29)
■WORLD TOUR  (#15-20)
 ワールドツアー中、イギリスでの授業課題ではビーストと と組んでクラス一番の成績をとった。コロッサス 失踪時にはマーヴルガールと二人で他のX-MEN と別行動をとり、ロシアへ。ロシアでコロッサスを発見し、X-MENに戻るよう説得 したが結局コロッサスに家から追い出されてしまう。その後自らX-MENへ戻る決意を したコロッサスとマーヴルガールと共に、ドイツでX-MENに合流。 オプティックブラストが炸裂
 「パパのお気に入りの生徒が他の連中を八つ裂き にするのを見せてやろう。目を開けろ、サマーズ。」といってサイクの目の前に立つ デイヴィッド。そこにオプティックブラストが 炸裂。顔面に直撃を受けたデイヴィッドは怒り狂い、サイクは殴られて倒れた。
 事件解決後、ジーンと共にアイスマンが 入院する病院へやって来た。そこでジーンに「今回のことで傷ついてまた ブラザーフッドに行ったりしないわよね、スコット?」と言われ、「僕はもう どこにも行かないよ。」と答えるサイク。ジーンも自分と同じ気持ちだと分かったサイク。 二人はキスを交わした。
 冒頭で学園の日常風景が描かれているとき、トード と電話で話してるシーンがありますが、そのときのサイクのゲラゲラ笑ってる顔が 面白かった。またプロフェッサーのメールによれば、サイクはリーダーシップ以外の 通常の科目は成績よくないらしい。(2006.2.21)
■HELLFIRE & BRIMSTONE  (#21-25)
「. . . . . . . ! ! ! 」  酔っ払ったウルヴァリンにからかわれた サイクは、はじめ無視しようとしたが「ジーン とはワシントンでいい思いしたぜ。お互いすぐもとの鞘に収まるって分かってるんだぜ」 と言われて堪忍袋の緒が切れた。ウルヴァリンを思いっきり殴ってしまう。 その後はもともと格闘能力が桁違いのウルヴァリンにボコボコにされ、とうとう サイクはサングラスを外してオプティックブラストを発射した。それに切れたウルヴァリン は爪を出しサイクに襲い掛かったがプロフェッサーX が止めに入った。サイクはプロフェッサーからきつい説教をもらう。
 後日、プロフェッサーの命令でウルヴァリンと二人で任務に旅立つ。X-ジェット がテレパシー圏外になる直前までジーンと テレパシー会話。ジーンの見る悪夢を気遣うサイクだが、ジーンの語る悪夢の話に 「大丈夫かい?」 戸惑う。サイクとウルヴァリンに与えられた任務はサヴェッジランドで消えた米海兵隊 の捜索。任務中サイクはウルヴァリンと仲直りしようとしきりに話しかけるがウルヴァリン に「黙れ。お前と仲良くするつもりはない。」と言われてしまう。捜索を続け、 海兵隊は全て死亡し、サヴェッジランドの巨大コンピュータによって生まれた 機械生命体にサイボーグ化されていることが判明。サイボーグ兵たちとの乱闘が 始まる。
 すっかりジーン・グレイとラブラブモード。でも彼女がピンチのときそばにいない とはさすがサイクだ。(2006.3.7)
■RETURN OF THE KING  (#26-33)
「プロフェッサーの言ったとおりだ。」  4週間前(『Hellfire&Brimstone』編のとき)。サヴェッジランドの機械が暴走し、 島全体が地震となった。ウルヴァリンキティと共に逃げていたサイクロプスはバランス 「落ち着けサマーズ。パニックになってはだめだ・・・・」 を崩し地溝へ落ちそうになった。ウルヴァリンに腕をつかまれてかろうじて助かった サイクはウルヴァリンに対し、プロフェッサーXが いがみ合う二人を任務につけ、こうしてお互いを助けて結束を強めようとしていた が、それがうまくいってよかった、ということを話した。それを聞いたウルヴァリンは キティがこちらを見ていないことを確認し、サイクを崖の下へと落とした。
 目を覚ましたサイクは自分が谷底にいて左腕と両脚をはじめ全身を骨折し 内臓も痛め身動きできないことを知る。ウルヴァリンの名を大声で叫ぶが返事はなかった。 2日経っても助けは来ず、サイクは理性とありったけのサバイバル術を反芻して 自分を保とうとした。12日経っても助けは来ず、とうとう幻覚を見るようになり、 「声で居場所は分かるんだ!!!」 さまざまな方法で正気を保とうとするサイク。ときどき、ウルヴァリンが ジーンと一緒にいる姿を想像しては涙を流し、 いつしか叫ぶ元気もなくなっていった。そこへブラザーフッドの調査隊が現れ、 「マグニートーのところへ連れて行け!」 X-MENのサイクロプスとは知れずに救助されマグニートー の要塞の病院へ収容され治療を受けた。
 身体が動くようになったサイクは隠し持っていた通信機でX-MENに所在地を 伝え、自らは医師を捕らえて脅し、マグニートーのもとへ案内させた。地球上の 全てを磁場嵐で破壊させようとしていたマグニートーの背中に裸眼でのオプティックブラスト をぶつけた。自信たっぷりに戦いを挑むサイクに対し、マグニートーは「一人で何が出来る?」 と言うがサイクは笑みを漏らす。「誰が一人だって?」 そこへX-MENが到着。マグニートーの力によってX-MEN皆が動けなくなるが、 コロッサスの一撃により反撃開始。サイクの掛け声 によりX-MENの連続フォーメーションが決まった。
 一件落着し、ルビー製サングラスを受け取ったサイクはウルヴァリン と対峙した。ウルヴァリンの言うことを聞き流し、オプティックブラストを放ち、 「お前をチームから外す」と言い、去った。 「お前をチームから外す。」
 事件後、エグゼビア学園を離れカナダの雪山に放浪していたウルヴァリンの前に サイクは現れ、自分の軽率な行動を謝り学園へ戻ってくるよう言った。 「第2試合をしに来たわけじゃない。もっともこの前のは”闘い”とは言えないが。」 「周りを傷つけるだけの男だ」と言って断るウルヴァリンだったが、サイクは「それを 直すために学園へ戻るんだ」と説得し、最後にS.H.I.E.L.D.のウルヴァリンに関する ファイルにあったというウルヴァリンの本名が彫られた結婚指輪を渡した。 「俺が誰と結婚してたって言うんだ?」「確かめる道は一つさ。」 二人の頭上にブラックバードが現れた。
 前半の孤独な戦いがよかったです。やっぱりサイクはなかなかのつわものですね。 でも病院で回復した後治療してくれた医者にオプティックブラストぶつけて脅すってのは 人としてどうかと思いました。ブリーフ一丁で目をつぶって偉そうにしてるし。 最後のウルヴァリンへの説得シーンのコマ割も絶妙でやけにサイクとウルヴァリンが カッコよかったです。前回行方不明だった分、今回活躍してくれました。(2006.5.5)
■BLOCK BUSTER  (#34-39)
 X-MENを指揮してウルヴァリンを救出した。 「オレたちもいっしょに行く。」
 ウルヴァリンを追跡して来たヘリコプターに対し力を暴走させて倒れた ジーン・グレイを捜索し、発見したときはすぐに駆け寄り、コートをかぶせた。動揺するジーンを抱きしめて 落ち着かせようとするが、自分の手に負えないと感じ、プロフェッサーに彼女を任せた。ヘリの襲撃者が ウェポンXの関係者だということに感づいたウルヴァリンとナイトクローラー が敵のアジトへ行こうとするが、それに対しサイクは他のメンバーを代表して言う「オレたち全員で行く。」 「これはミュータント全ての安全にかかわることだ。」
 敵のアジトのドアをオプティックブラストで吹き飛ばし突入し、奇襲をかける。 ターラらを捕らえようとしたが、彼女は仲間を撃ち殺して自らも命を絶ってしまった。その直後に 到着したS.H.I.E.L.D.デュガン から、手を出すなという命令を無視し軽率な行動をしたと責められるサイクら。そこでサイクは、 プロフェッサーフューリーから 手を出さないよう命令されていたが、そのことをX-MENに伝えていなかったことを知った。
 事件後、人間二人を殺したことで落ち込んでいるジーンに、部屋へ食べ物を運んでゆき、ウルヴァリン のことなどを話した。
 今回のサイクは、X-MENたちを代表してセリフを言う人、という感じの役割だった。ウルヴァリン以外 全然活躍しないこのストーリーの中で比較的いい扱いを受けていました。(2006.10.2)
■NEW MUTANTS  (#40-45)
「ずっと君のそばにいるよ。」  エンジェルビーストのせいで 学園を飛び出していったことに怒ってヒステリックになるジーン をなだめ、エンジェルを追いかようと提案した。その後、ジーンと二人きりでいるとき、彼女を ひどく心配していることを悟られる。事故とはいえ人間二人を殺したジーンとコントロールしきれない 彼女のパワーを心配するも、自分に何が出来るのか分からないスコット。「愛している。君を助けたい。」
 数日後、プロフェッサーが発見した新たなミュータント、 ダズラーに会うため、コロッサスシャドウキャットと共にダズラーのバンドのライブへ赴いた。 ライブ後、メジャーデビューを目指すダズラーに公共での能力使用についてアドバイスしようとしたが 、ミュージシャンになることだけに興味を持つ彼女にあっけなくあしらわれた。
 ビーストが学園を出て行った後、プロフェッサーにダズラーに関する 報告などしていた際、ニック・フューリーが学園を訪ね、その場にいた ジーン、オロロウルヴァリン と共にプロフェッサーとフューリーのやり取りを聞いた。その話の中で、 ニュー・ミュータンツのことや、そのチームに兄のアレックスやビーストが いることを聞いて驚いた。 「しばらくここにいろよ。」
 ホワイトハウス前でのニューミュータンツに関する大統領演説の際は、強襲してきた センチネルたちに対しオプティック・ブラストで応戦した。
 ビーストの葬式では、最後にウルヴァリンと共に無言で墓穴を埋める作業をした。 センチネル強襲の際に怖気づいて何もできなかったことを恥ずかしく思っていたアレックスに対し、 サイクはエグゼビア学園への入学を勧めたのだった。
 今回は戦闘場面で教授がいたため、リーダー役を取られてしまっていたのがかわいそう。 でも最後に頼もしく兄アレックスに助言しているところはサイクっぽいふてぶてしさを感じました。 (2007.3.21)
■TEMPEST
 
■CRY WOLF
 
■THE MOST DANGEROUS GAME
 
■HARD LESSONS
 
■SHOCK AND AWE
 
■ULTIMATE SACRIFICE
 

△HOME  ▲BACK













X-Men names TM and Copyright © 2006 Marvel Characters, Inc. All Rights Reserved.
All contents and all other images copyright © 2006 ice-water.



























































広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー