■CAPTAIN AMERICA
RN: Steve Rogers (スティーヴ・ロジャーズ)
CN: Captain America (キャプテン・アメリカ)

■特殊能力
強靭な肉体、不老
■所属
ULTIMATES
■解説
 第二次大戦中の超人化計画により最強の肉体を手に入れた男。合衆国のヒーローチーム ULTIMATESの冷静沈着なリーダー。正義のために戦う、という言葉がぴったりの ヒーロー。星条旗をモチーフにしたコスチュームを着ており、シールドを使った 独特の武術を使う。 大戦中ではウルヴァリンと組んで 任務を行ったこともある。
*(私は『ULTIMATE X-MEN』を読んでいますが『ULTIMATES』は読んでないので 『ULTIMATE X-MEN』に出てくることを主に書きます。 (2005.12.22)
■リンク: 「WORDS X」

略歴
■ULTIMATE WAR  (Ultimate War #1-4)
(初登場)
 ブラザーフッドのアジト襲撃時は先陣を切り ジャガノートハードドライブを倒し、 的確な指示でそこに居たブラザーフッド全員を捕まえることに成功した。
 クイックシルバースカーレット・ウィッチを匿った後、 マグニートーがトリスケリオンを襲撃した際は、 シールドを投げて攻撃しようとしたが、マグニートーのパワーで跳ね返され 「叩きに行くぞ。」 そのままシールド共に壁に磔にされてしまった。息子に制裁を加え、去ろうとした マグニートーに対しキャプテンは「オレを見ろ!オレの眼を見ろ! オレは貴様の体中の骨を粉々にしてやるからな!」と叫んだ。この一件で まずはエグゼビアを逮捕することに決めたキャプテン。
 マグニートー襲撃の際、トリスケリオンは一時的に停電し捕獲中だったハルク が脱走していた。その事件現場で気を落とすワスプ に対し「君がミュータントであろうとなかろうと、僕らの信頼は変わらない」と 元気付けた。
 X-MENを襲撃した際はウルヴァリンと対峙。 ウルヴァリンの過去についての話で油断させ、マシンガンを連射して倒した。 ウルヴァリンを倒し、マーヴル・ガールシャドウキャットも捕まえようとしたが、 プロフェッサーXの精神攻撃により阻止された。
 模範的なリーダーっぷりにあこがれます。仲間からの信頼が非常に厚いことも 伺えます。しかも戦争を経験しただけあって行動は大胆不敵。さすが キャプテン・アメリカです。(2006.3.16)
■RETURN OF THE KING  (#26-33)
 事件解決後、トリスケリオンの監獄にいる マグニートーを監視に来ていた。(2006.5.5)













X-Men names TM and Copyright © 2006 Marvel Characters, Inc. All Rights Reserved.
All contents and all other images copyright © 2006 ice-water.



























































広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー