■BLOB
RN: ---- (不明)
CN: Blob (ブロブ)

■ミュータント能力
どんな衝撃も吸収するボディ、強靭な胃袋
■所属
Brotherhood
■解説
 ブラザーフッド初期からのメンバーである。いつでも何かしらを食べているが、 美食家ではなく、ホットドックでも発電機(!)でもなんでも食べる。 戦闘シーンで目立った活躍はないが、ファンを装ったEメールで ビーストをたぶらかし、 マグニートーが生存している ことを聞き出す、という重要な役割を果たしたこともある。
 見た目が不健康そう。 「ミュータントじゃなくて、ただのデブなんじゃないの?」と問いたくもなる。 ブロブのおかげでX-MENコミックを読んだ肥満気味の少年が 「僕が太ってるのはミュータント能力のせいなんだ」という言い訳ができるように なることでしょう。(2005.3.28)
■リンク: 「WORDS X」

略歴
■THE TOMORROW PEOPLE  (#1-6)
(初登場)
 大統領の娘の誘拐・監禁作戦に参加するが、X-MENの 奇襲により大統領嬢を奪い返されてしまう。
 センチネルによるサヴェッジランド強襲の際は自らの肉体を盾に非戦闘 ミュータントたちを守った。とりあえずこの巻ではいまいち活躍のない ミュータントだった。(2005.4.13)
■RETURN TO WEAPON X  (#7-12)
「がはは。どうやって食べてやろうか?」  ブラザーフッドのX-MEN救出作戦に参加。突入前に、ウェポンX施設の予備発電機を 食って停電させ、S.H.I.E.L.D.に反撃の隙を与えない 、というナイスサポートをした。また、逃げようとするラス大佐 のヘリコプターを掴んでラスごと食おうとしたが、ヘリの勢いに負けて放してしまった。
 襲撃を受けたS.H.I.E.L.D.兵士が慌てて「早く予備発電機を回せ!」って叫び、 それに対しクイックシルバー「おっと無駄だぜ。 そんなもんとっくにブロブが食っちまったんだからよ!」って言っていたのが 印象的。凄いぜ、ブロブ!デブなだけじゃなかったのか。(2006.1.23)
■WORLD TOUR  (#15-20)
 ファンを装ったメールでビーストをからかって楽しんでいる様子。(2006.2.20)
■HELLFIRE & BRIMSTONE  (#21-25)
 ブラザーフッドの中ではクイックシルバースカーレット・ウィッチの考えに賛同して いるもよう。クイックシルバーの作戦をバカにする プロシミアンの話を無視して「ディスカバリー・ チャンネルで猿の求愛特集でも見てろ」と言ったりしていた。 「マグニートーは数千人の目の前で爆発したんじゃ. . . . . ?」
 前回に引き続き、ファンを装ってビーストと メールやチャットをしている。ビーストをたぶらかして得意になりながら、 ビーストがプロフェッサーXの考えや、一般人のことをどう思っているかなどを 聞いていた。そのチャットの途中で「5千人の目の前で マグニートーを殺した男(プロフェッサーX)がよく非暴力だなんて言えるわ」と メッセージを送ったところ、ビーストからはマグニートーが実は生きているという 返事がきた。驚いたブロブはブラザーフッドの皆を呼んで来る。 その後クイックシルバーに内緒にしてプロシミアンの指示でビーストに会う段取りを つけた。マグニートー救出後は彼のそばでいろいろと指示を受けていた。 ブラザーフッド初期メンバーであるからかけっこう信頼されているっぽい。
 何気にブロブ大活躍。なんであんな太い指でパソコンのキー打てるんだ? (2006.2.25)
■RETURN OF THE KING  (#26-33)
 新しいブラザーフッドの要塞において、監視室っぽいところでファーストフード を食べながら監視カメラを見ていた。戦闘には参加せず。
 相変わらずマグニートーに心酔している様子。 (2006.5.5)

△HOME  ▲BACK













X-Men names TM and Copyright © 2006 Marvel Characters, Inc. All Rights Reserved.
All contents and all other images copyright © 2006 ice-water.



























































広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー